スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べる




「いのちの食べかた」という映画を観ました。正確に言うと二回目なんだけど、前回は映画館で爆睡してしまい…ちゃんと観るのは今回が初めて。

感想。

ソロモンで屠殺も見ていたから気持ち悪いとかそういう感情はなかったけど、「ああ、人間って残酷なんだな」って自分の罪というか
人間の生の残酷さを思い知らされた感じです。

ショックだったのは生まれたばかりのヒヨコがベルトコンベアーでどんどんと運ばれていくところ。ああ、僕らは命を「製造」して「処理」しているんだな、というのが明確に示されてたから。

動物と人間の違うところ、それは動物は自然の成り行きの中で命を食べているけど、人は食べるために命を作って消費しているところ。それも、自然の処理範囲を大きく超えるであろう規模で。

はじめから「殺す」目的でいのちを作り出している。

それでいて、年間2200万トンも食べ物を捨てている。もはやいのちの浪費。「もったいない」を褒められた日本が、実は一番もったいないことをしている現実。

そしてもう一つ思ったこと、それは自分の「食べる」という行為に対する無関心さ。

普段当たり前に食べているコメもお肉も野菜も、どうやって作られてどうやって運ばれて、どうやって食卓に並ぶかをちゃんと知らないでここまで生きてきたけど、それってすごいことだったなって。

だって、よくよく考えたら「食べる」ってすごい行為だと思うんです。異物を体の中に入れるんです。

だから目の前のものを食べるってことは、本来それに対してものすごい信頼がなければ行えないことなんじゃなかろうか。

そんなこと気にしてたら、何も食べれなくなるよ。

どこかからそんな声が聞こえてきそう。でも、それは違うんじゃなかろうか。だって、そう言って盲目なことを肯定しているから、いつまでたっても状況は変わらないし、しまいにゃ貼られたラベルに惑わされて、偽装だなんだって騒ぐ羽目になる。

みんながちゃんと気にして、発言・行動するようになれば自体は変わってくと思うんです。

さて、言いたいことを色々並べてみたけれど、とりあえず食べるという人間にとって最も大切な営みの一つに対して、どれだけ無頓着に生きてきたかを思い知らせてくれる、そんな映画です。

ご興味のある方は是非。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【食べる】

「いのちの食べかた」という映画を観ました。正確に言うと二回目なんだけど、前回は映画館で爆睡してしま

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OBA

Author:OBA
2011年6月より2年間、青年海外協力隊としてソロモン諸島で活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。