スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.11.11【145/720】万国共通

今日、ソロモンの内閣が総辞職。昨日から不信任案が出されるから治安が悪化するかもと事務所連絡があったけど、どうやらすんなり辞職をした模様。朝、街中をうろついてた警察も午後には引き上げてました。

ドライバーの人と話してると、どうやら今の首相は気に入らなかったようで、「じゃあどんな首相が良いの?」と聞くと、「マライタ(彼の故郷)のプロジェクト、あれを動かしてくれる人だな」との返事。要は、地元が潤うのが望みとな。

日本にもそういう部分が少なからずあるだろうけど、ソロモンはもっと深刻な気がする。だって、島どころか村で部族が違って、言葉も文化も違うのが100近くあるわけで。だから、政府という存在が国民という視点でまとめようとすること自体に、無理があるように思うのです。

来週には新しい首相が決まるとのこと。この国の命運を託されるのは、いったい誰になるのでしょうか。(ちなみに、ソロモンは日本と同じ内閣制度なので、首相は政党の中から国会議員たちが選出します。)

さて、そんな国の一大事を横目に今日はTambokoの中学校で授業の日。ということでドライバーJohnさんの車で連れて行ってもらう。車に乗り込むると、

「OBA、銃は置いていけ。今日は街中に警察がたくさん検問を張ってるから、見つかったら大変だ」

これが、冗談だと気づくまでに2回、{Gun?」と聞き直しました(笑)さておき、冗談だということが分かったので、

「大丈夫。今日は持ってないよ」

「そうかそうか、それならOK。じゃ行こうか」

「んと、でも自分についてる銃は置いてきてないんだけどね」

「ははー(笑)それは俺も忘れてた!こりゃマズいなぁ。。」

「まあ、でも大丈夫。うちらの銃は夜のベッドの上じゃないと動かないし」

(二人で爆笑)

(どんなにレベルは低くても)下ネタは万国共通です。


※気分を悪くされた方、大変失礼致しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OBA

Author:OBA
2011年6月より2年間、青年海外協力隊としてソロモン諸島で活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。