スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.09.07【80/730】Mundaの一日

今日は3日間過ごしたGizoを発ち、Mundaという町へ移動。飛行機にのること30分。というか飛行機に30分だけ乗ったのってはじめて。あっという間の空の旅。窓の下には小さな島々が無数にあって、海は青と緑の中間の色をしてる。

滑走路はやっぱりただの野原。そして横にあるのはターミナルとは言い難いほったて小屋。Mundaの町はとても小さい。数件の商店と銀行、そしてTelekomがあるだけ。5分もあれば中心地の端から端まで歩けてしまう。

ウェスタン州農業省のMundaオフィスにて担当者と顔合わせ。そして、ここからボートでRendovaという島へ行く…はずだったのが何と燃料費が手元にないという事態。結局、Rendova行は諦めて、今日はMundaに泊まることに。

同僚のウガンダンと一緒に海沿いのAgnes Lodgeというところへ。東南アジアの安宿級の部屋が400ソロモンドル。日本円で4,800円。高い。スタッフが夕食のオーダーを取りに来る。一番安いスパゲティが120ドル。仕方なくオーダー。

19時過ぎ、食事の用意ができたとスタッフに呼ばれて奥のバーへ。そこでソロモン初の生ビールを発見。しかも、缶より安くて量も多い!迷わずそれをオーダー。久々の生ビールはやっぱりうまい。

ビールに機嫌よくなってるとスパゲティが運ばれてくる。ブヨブヨ麺にボソボソのミートソース。きっとMundaで食べられる最高のスパゲティがこれなんだと、自分に言い聞かせながらたいらげる。

食事が終わって、部屋で一人音楽を聴きながら本を読む。外から時々、やかましい音楽とソロモン人の叫び声が聞こえてくる。今日はそんなに気にならない。要は自分の心次第。気にするかしないかの問題。

いつしか夜も深まっていって、電気をつけたまま本を枕に寝ている自分に気づく。でもそれが逆の心地よい。うとうととしながら、どんどんと夜は更けていく。そんな出張先での一夜。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OBA

Author:OBA
2011年6月より2年間、青年海外協力隊としてソロモン諸島で活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。