スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.06.28【9/730】一歩を踏み出す準備

今日は現地語訓練の前に、専門家と調整員の方々と一緒に太平洋防災強化プロジェクトのパイロットサイトになっているタンボコ村を訪問した。村のチーフという方に挨拶をして、専門家の方がプロジェクトの説明をしているのを向かいで聞いていた。窓からこちらを覗く子供が僕の視線に気づいて、笑みを浮かべている。

今日、村を訪問したことで自分がソロモンで働くということを改めて感じた気がした。プロジェクトのことは書ける範囲でまた詳しく書こうと思っているけど、今回はJICAが行っているプロジェクトに関連しているから、枠組みも他のケースよりしっかりしているし、それだけ周りからの目もよりシビアなものになるんじゃないかと思ってる。

それで実のところをいうと、こっちに来てからこれまで感じていたわくわくの気持ちの中に、少しずつ不安のようなものが芽生えてきていることに気づいた。それは自分が関わるプロジェクトを知るほどに感じる責任と、自分に何ができるだろうという迷いが混じっているような感じ。

もちろん、ボランティアという立場で入る以上、成果とか責任というものはそこまで大きくはないというのは所長も専門家の方も仰っていた。なんだけど、やっぱりプロジェクトに関わらせてもらう以上、少しでもそれがうまく回るように貢献していきたいという気持ちもあるし、足を引っ張りたくないという思いも強い。

だから、村という一つの共同体に体一つで入っていって、そこから何かを生み出していくこと。そのイメージを少しずつ創っていかなきゃいけない。とはいってもまだ何も見ていない、何もしていない状態でこんなこと言ってもなかなか思い描けないのが現状だけど。でも2年という限られた時間をどう使っていくか、どうこの先の人生に繋げていくかをちゃんと考えていかなきゃいけないな、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OBA

Author:OBA
2011年6月より2年間、青年海外協力隊としてソロモン諸島で活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。